【PR】アクネ菌と30年戦い、ついに勝利をあげた私が選ぶコスメ1位

カンゲキ!ニキビ跡がここまでキレイになるなんて

エッセンスを使いはじめて1年ほどでニキビが出なくなって、それは本当にうれしかったのですが、一方で「さぁ、これからが大変だ」という気持ちもありました。

 

というのも、ニキビはよくなっても、「ニキビ跡」のほうはまだ依然としてあったからですニキビが出なくなって,少しでも希望が見えてくると、「今度はニキビ跡もキレイにしたい」というように、やっぱり欲が出てきてしまうものです。

 

長年のニキビのせいでできたひどいニキビ跡のお話はすでにしましたが、当時の私の肌は本当に、茶色の色素沈着はあちこちにいっぱいあるし、ボコボコ、ザラザラして、まさに月のクレーターのようなすごい状態でした。

 

色素沈着はそのままシミになってしまいそうでしたし、一般的に真皮まで傷がついたニキビ跡のデコボコは治らないといわれます。

 

鏡をのぞいてはデコボコ頬をなでつつ、「ニキビは出なくなったけど、これ以上はムリなんじゃないかしら?」と不安に思っていました

 

しかし、結論からいうと、あのひどいニキビ跡,それから色素沈着も本当にすっかりキレイになってしまいました。

 

もちろん完全にというわけではなく、よくよく見ればまだ残っているものもあるんですが、ほとんどわからないぐらいに消えてしまいました。

 

今では「昔はニキビ跡でボコボコだったんですよ」というと、皆さんに「ウソでしょう?」などと驚かれるぐらいになれたんです。

 

ジェントルフェイスも最初はエッセンスしかなかったのですが、次いで石けんができ、さらにこの頃、サプリメントができたんですね。

 

できたというよりも、正確には父が作ってきてくれたのですが。

 

当時、そのパックを毎日していたんです。それが見事に功を奏して、どんどん、お肌がキレイになっていくのがわかりました。

 

こうしたことも経て、いついつからというように線引きはできませんが、とにかく使い続ける過程で、徐々に、本当に薄皮をはぐように、色素沈着、ニキビ跡のデコボコがなくなっていったという感じです。

 

そうですね、使いはじめてから3〜 4年でかなり目立たなくなったといっていいでしょう。

 

その頃にはニキビもほとんど出なくなっていました。

 

最終的にニキビに終結宣言ができたのはこの頃といっていいと思います。

 

驚かれるかもしれませんが、私の肌は今なお、「ニキビ跡の改善中」なんですよ。

 

顔を寄せてまじまじと見ないとわからないかもしれませんが、自分で鏡を見ると、やはりまだ残っているニキビ跡があります。

 

某エステサロンでつぶされたのもしっかり残っていたりして。

 

でもそういう最後のしぶといニキビ跡も、ちょっとずつではあるけれど、いまだにキレイになりつつあるんです。

 

ここ2〜3年でも、また違ってきています。

 

30歳を越えてこんなことが起こるなんてちょっと信じられないかもしれませんが、本当のことなんです。

 

ただ、私のニキビ跡がここまでキレイになれたのは、20歳前後というまだ早い段階で、正しいお手入れをすることができたせいかもしれません。

 

これがもうちょっと遅かったら,こんなにはキレイになれなかったのではないかとは思っています。

 

ですからなるべく早くお手入れを始めること,そしてニキビが治ったからといって、すぐにやめてしまうのではなく、ずっとお手入れをし続けることがポイントだと思います。

 

ときどきジェントルフェイスでニキビそのものが改善されると、安心してお手入れをやめてしまう方がいらっしゃるんですけど、ニキビ跡を改善していく意味でも、ずっとお手入れを続けてほしいと思うのです。